TopCoder SRM601 Div1 Medium 500 WinterAndSnowmen

問題文

概要

$ {1, \dots, N} $ からいくつか選び, その XOR を $ A $ とする.

$ {1, \dots, M} $ から, 上で選ばなかったものをいくつか選び, その XOR を $ B $ とする.

$ A < B $ となるような選び方の総数を答えよ.

制約

$ 1 \le N, M \le 2000 $

解法

$ n = \max(N, M) $ とする.

$ O(n^3) $ はわかった.

$ N = M $ のとき, $ A = B $ となる割り当てを全部求めて, 全体から引いて2で割ればよい. $ A = B $ なる割り当ては, $ A\operatorname{xor}B $ がゼロになるやつ.

それ以降解らなくて解説を見た.

$ A < B $ になるのは, $ A $ と $ B $ の上の方のビットが同じで, 最初に違うのが $ A $ の方が $0$ になっているという状態.

すなわち, $ A\operatorname{xor}B $ の最上位ビットが $ B $ 内で立っている状態.

各ビットに対し, $ A \operatorname{xor} B $ と, $ B $ 内でのそのビットを持ちながら DP すると, $ O(n^2 \log n) $. (TLE)

メモ化再帰に書き直すと AC したが, 本来は, 状態をもう少しまとめることで速くする.

具体的には, $ A \operatorname{xor} B $ の $ i $ ビット目以上の所だけでメモればいい.

ソースコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
// 150.0

constexpr int mod = 1000000007;

array<array<array<int, 2>, 4096>, 2048> memo;
int p, N, M;
int dfs(int t, int k, int b){
    int &res = memo[t][k][b];
    if(res >= 0) return res;
    if(t == 0)   return res = (b == 1 and k == 1);
    // if(t == 0)   return res = (b == 1 and (k >> p) == 1);
    res = dfs(t-1, k, b);
    if(t <= N) res += dfs(t-1, k^(t>>p), b);
    // if(t <= N) res += dfs(t-1, k^t, b);
    if(res >= mod) res -= mod;
    if(t <= M) res += dfs(t-1, k^(t>>p), b ^ (t>>p&1));
    // if(t <= M) res += dfs(t-1, k^t, b ^ (t>>p&1));
    if(res >= mod) res -= mod;
    return res;
}

int WinterAndSnowmen::getNumber( int N, int M ){
    // dp[ t 番目まで使って ][ X xor Y ][ Y の i bit 目 ]

    int res = 0;
    for(int p = 0; (N|M)>>p; ++p){
        ::p = p;
        ::N = N;
        ::M = M;
        rep(t, size(memo)) rep(k, size(memo[0])) rep(b, size(memo[0][0]))
            memo[t][k][b] = -1;
        res += dfs(max(N, M), 0, 0);
        if(res >= mod) res -= mod;
    }
    return res;
}

Tags

TopCoder
DP
BitOperation
XOR

Comments

comments powered by Disqus