TopCoder SRM594 Div1 Easy 250 AstronomicalRecords

問題文

概要

秘密の数列 $ \{ X_i \} $ の, 部分列を(overlap を許して)とった.

各部分列に対し, その部分列内での比を保つように変換した $ \{ A_i \} $ と $ \{ B_i \} $ が与えられる. (つまり, 一つ目の部分列を $c_1$ 倍, 二つ目の部分列を $c_2$ 倍したようなやつ.)

元の数列の長さとしてありうる最小値を答えよ.

制約

$ 2 \le |A|, |B| \le 50,\ 0 \le A_i, B_i \le 10^9 $.

解法

もちろん, 少なくとも一つはマッチさせられる.

マッチする箇所を一つ仮定すると, 比を揃えることが出来る.

この状態から元の列としてありうる最小の長さを求めるには, overlap できる部分の最大長さを求めればよくて, そういうのを最長共通部分列と呼ぶのでした.

ソースコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
// 218.76 pts

int AstronomicalRecords::minimalPlanets( vector <int> A_, vector <int> B_ ){
    vector<ll> a(all(A_)), b(all(B_));
    const int n = size(a), m = size(b);
    int res = n + m;
    rep(x, n) rep(y, m){
        vector<ll> aa(n), bb(m);
        rep(i, n) aa[i] = b[y] * a[i];
        rep(j, m) bb[j] = a[x] * b[j];
        vector<vector<int>> dp(n+1, vector<int>(m+1));
        int lcs = 0;
        rep(i, n) rep(j, m){
            if(aa[i] == bb[j]) chmax(dp[i+1][j+1], dp[i][j] + 1);
            chmax(dp[i+1][j], dp[i][j]);
            chmax(dp[i][j+1], dp[i][j]);
        }
        rep(i, n+1) rep(j, m+1) chmax(lcs, dp[i][j]);
        chmin(res, n + m - lcs);
    }
    return res;
}

Tags

TopCoder
DP

Comments

comments powered by Disqus